スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 6話 傷痕



今日、食堂でMr.ブシドーの仮面の正体の話題で盛り上がった。
全員一致で中の人はグラハム・エーカー中尉だと思ったらしい。
隅の方で味噌汁を啜っていた
マネキン大佐も頷いてた。
食堂を出ると、Mr.ブシドーが殺意に満ちた目付きで
青筋立ててこちらを睨み付けていた。
何でそんなバレバレな仮面を付けているんだと
吹き出しそうなのを必死に堪えていたのだが、
横でリント少佐が腹を抱えて大笑いしていた。
強烈なプレッシャーを感じた俺は、
すぐさまその場から逃げ出した。
後ろの方で、リント少佐の
「前髪は抜かないでくれぇ」 という断末魔が聞こえた。
この日以来、誰もMr.ブシドーの仮面の話をする者は居なくなった。

アンドレイ・スミルノフ








見よ!アザディスタンは真っ赤に燃えている!
貧乏国姫を送り届けたらこの有様っすよ





しかも!何とそこにはひろしの乗るガンダムが!!
どうなるせっちゃん!!


~2分後~






しれっと帰ってくるせっちゃん。
ガンダムはどうしたんだ!ガンダムは!!
どう見ても見つかっちゃった様子だったけど、何でそんな涼しい顔をしているんだ
何があったのかさっぱり分からない。




しかしカタロンの基地はほぼ壊滅状態。
基地がバレた原因である沙慈が絶望先生にえらく怒られる。
俺はまんまと基地の外に沙慈を出したカタロンも悪いと思うがね




基地の惨状を見て絶句するCBクルー
っていうかこれが戦場ってもんなのです。
それを虐殺がどうのだなんて君らは今まで何をして来たのかね。




どうやらアロウズというのは政府直轄の部隊で、
階級も連邦軍より高いようだ。
連邦大佐よりアロウズ小佐のが偉いって訳だ。
ティターンズの設定をこれでもかとパクりますな
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話 「傷痕」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アロウズの攻撃により倒れるカタロンの兵士。今わの際につぶやかれた言葉に、スメラギは忌むべき過去を思い返し、気を失ってしまう。時を同じくして、リントから戦果報告を受けていたカティもまた、過剰ともいえた作戦に表情を

comment

Secret

プロフィール

ヲタードン

Author:ヲタードン
照井君!ワイも恋愛サーキュレーション聞きまくってるで!!!


おすすめ商品
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。