スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井筒監督 「日本人は在日の人々が潜り抜けてきた壮絶な事情を、誰も知らない」

大ヒットした青春映画『パッチギ!』。その続編である『パッチギ! LOVE&PEACE』は主要キャストも一新し、
物語の舞台も1968年の京都から、1974年の東京へと変わっている。
この時代状況の変化の中で、在日韓国人である主人公一家の過酷な日々と、
その父親の戦争体験が衝撃的な映像を用いて描かれ、単なる青春映画ではない重厚な作品になっている。
DVD発売を10月26日に控え、現在韓国でも公開されているこの作品について、
井筒監督はどんな想いを持っているのだろうか。
韓国メディアの反応

「在日を描いた日本映画」ということで、現地でも話題作として迎えられた本作。
その反響を井筒監督はこう語る。

「大盛況もいいところで、ビックリでしたよ。
前作の時より、さらに反応が良い。連日取材で20本ぐらいインタビュー取材を受けました。
マスコミの反応もすこぶる良かったです。
とにかく日本の観客やマスコミ以上に、真剣に喰いついて観てくれてますしたね。
細かいギャグもよく笑ってくれるし。普通、他の国の作品であそこまでウケないですよ」

作品の内容やテーマに対して、日本国内のような批判はなかったのだろうか。

「なかったですね。"必死に生き抜く"という本作のテーマはもちろん、
前作から変わらない韓国・北朝鮮と日本が理解し合い共生しようとする事の大切さも理解してくれてましたね。
また、日本で様々な問題に直面している在日の過酷な現状に対して、
『この映画のおかげで在日の事が良く理解できた』という意見も多かったですね。
勿論、日本でも素直にわかってくれたお客さんもが沢山いますよ」

つづく

http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/10/25/izutsu/





残念ながら在日の多くが自分からノコノコ日本にやってきて
精々強制連行とやらをされたのは245人

終戦後在日はみんな帰った
今いるのは好き好んで日本にいる在日

で、それらの潜り抜けてきた壮絶な事情をってなんだよ
ドラッグか?ピストルか?ライフルか?

まぁともかく井筒は無知
だから三宅先生にフルボッコにされるのだよ

趙容弼 釜山港へ帰れ―チョー・ヨンピル自伝 趙容弼 釜山港へ帰れ―チョー・ヨンピル自伝
趙 容弼 (1984/12)
三修社

この商品の詳細を見る








FC2ブログランキング
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ヲタードン

Author:ヲタードン
照井君!ワイも恋愛サーキュレーション聞きまくってるで!!!


おすすめ商品
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。